teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


京都乃鬼新聞が漏えい

 投稿者:中華のスープ  投稿日:2015年 2月16日(月)15時35分49秒
返信・引用
  http://6027.teacup.com/situation/bbs/20310

http://6027.teacup.com/situation/bbs/20395



未公表だった京都乃鬼新聞が漏えいした模様
しかしその内容を見ると、昨年11/8の教義条項改定が如何にズサンで不要だったのかが判る

師匠池田先生のご指導や、過去との整合性を鑑み、創価学会教学部の完敗である!

 
 

ご無沙汰しております。

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 9月 8日(月)16時14分19秒
返信・引用
  第54回現日書展(東京都美術館・八月)が


終了しました(^^)
 

【NHK】ますますひどくなる【国会中継】

 投稿者:ねこ  投稿日:2013年10月25日(金)23時15分59秒
返信・引用
  【NHK】ますますひどくなる【国会中継】

http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/02/p006.html#page72

一昔前は、NHKの国会討論を本気で聞いていました。

もはや、何を聞いても耳に残らない・・・・・・・。

この流れは変わらないのか。

( http://park.geocities.jp/jpcdebate/0103/p035.html )
 

ご意見番様

 投稿者:鉄齋  投稿日:2011年 9月14日(水)22時56分3秒
返信・引用
  こんな過疎掲示板(笑)にわざわざコメントありがとうございました、
「ジャーナル」だけでなく「月刊・書道界九月号」もございました(^_^;)
これからもより一層精進いたします。
年内も東京のみならず福岡(審査員)・宮古島への出品が続いております。
そして明けて二月の現日選抜(国立新美)では特別賞枠の4×4尺の作品を出す 予定です。



 

おめでとうございます

 投稿者:御意見番  投稿日:2011年 9月 6日(火)05時48分44秒
返信・引用
  久々の更新記事に、ますますの御活躍ぶりで何よりです。



>月刊書道ジャーナル九月号

この雑誌名を見て「あの某御人」が転落人生を歩むきっかけになってしまった雑誌
「スキージャーナル」を連想してしまいましたが(苦笑)

雑誌の名前は似ていても、資本や営業はまったく無関係の別会社みたいですね。

あ、スキージャーナルも書道ジャーナルも健全な会社と私は認識しておりますので、
誤解なきよう注記しておきます。
 

第51回現日書展

 投稿者:鉄齋  投稿日:2011年 8月25日(木)09時21分46秒
返信・引用
  このたび第51回現日書展(7/26~31、銀座画廊美術館)におきまして、「南不乗賞」(最高賞)を受賞いたしました。

現日の同人~準同人数百人の中で、唯一人だけの受賞です。 去る7/29に授賞式(帝国ホテル)が行われました。
添付は、受賞作品、賞状、月刊書道ジャーナル九月号の掲載部分です。

今後より一層精進してまいります。

ありがとうございました。

 

書好き素人の休日

 投稿者:京阪電車でいこか  投稿日:2011年 2月12日(土)17時10分4秒
返信・引用
  鉄斎先生の作品をお手本に、ときどき家で子供といっしょに書道やっています。
勿論、難しいお題は真似できませんが(笑
 

学会創立80周年を祝して

 投稿者:管理人  投稿日:2010年12月24日(金)23時54分21秒
返信・引用 編集済
  今年は様々にお世話になり、ありがとうございました。

書活動は、現日選抜書展、根古展(二月)安芸全国書展(6月)第50回記念現日書展(8月)墨心展(9月)永和全国展(11月)真太陽国際書道展(12月)と全力で取り組む事が出来ました。

ふだん多忙にかまけてネットを覗く暇もなかなかありません。書ブログはマメに更新できてますが、、、
来年はいよいよ創立百周年への幕開けです。より一層奮励努力してまいりますので、どうか宜しくお願いいたします。


 

「書道ジャーナル」101号 2010春

 投稿者:鉄齋  投稿日:2010年 5月20日(木)20時17分19秒
返信・引用
  ★河内さん 書き込みありがとうございます。


季刊「書道ジャーナル」101号に現日選抜の作品と批評が掲載されました


批評文は
「牙城は今年で公募展出品二十四年目、現日参加十年目となり、鋭利な線で李白の詩を書く。

豪胆な線質で同一の歩調を全面に描写する」(主幹、小野寺啓治氏)
 

(無題)

 投稿者:河内平野  投稿日:2010年 5月14日(金)12時43分46秒
返信・引用
  ※ 世間知らずの沖浦が、尊敬しているという人物の正体!

名誉毀損のデマビラ訴訟で日顕宗檀徒が全面敗北  今後、学会員への中傷を禁止

日顕宗檀徒の陰湿な不法行為が、裁判で厳しく裁かれた。日顕宗・妙相寺(長野市)の檀徒・樋田昌志らが作成・配布した、学会中傷のデマビラをめぐる裁判で8日、被告・樋田側の実質、全面敗訴の内容で和解が成立した。

樋田ら檀徒数人は一昨年、長野県の学会員(故人)を中傷する悪辣なデマ記事を載せたビラを長野県飯山市内などで多数配布。
学会員の遺族5人が「悪質なプライバシーの侵害であり、名誉毀損」として樋田ら檀徒6人を長野地裁に提訴した。厳正な審理の結果、今回、裁判長の勧告により、原告側の主張が全面的に認められる形で和解手続きが成立。

和解内容によれば
①檀徒側が遺族全員に賠償金を支払う
②樋田らは、ビラの記事の主要な部分が事実に反することを認め、公式に謝罪する
③「今後、創価学会会員個人の名誉、プライバシーを侵害する言論をしない」と確約することとなった。

檀徒側の全面敗北である。

そもそも樋田なる男は日顕直属の謀略組織の一味と結託しており、これまでも、学会を怨嫉して薄汚い姑息な謀略を繰り返してきた。しかし今回の敗北により、樋田らは、そうした邪悪な動きを厳しく封じられることとなったのである。日顕宗といえば、初代ニセ法主・日顕が自らのデマ発言で最高裁から断罪されたほか、悪質なデマビラ事件で坊主や檀徒に賠償命令が下るなど、続々と司法の追及を受けている。
(平成18年3月11日聖教新聞)
 

「書道界」

 投稿者:鉄齋  投稿日:2010年 3月31日(水)15時45分41秒
返信・引用 編集済
  月刊「書道界」四月号(藤樹社)の現日選抜書展特集に掲載されました。
今日、掲載見本誌が郵送されてきました。


この雑誌に載ったのは 18年前くらいに神奈川県展で会員推挙になったとき以来くらいでしょうか?

………………………………

凰陣さん、わざわざありがとうございます!
良かったですね。  私は五月、六月、八月、と続く展覧会制作に大わらわです。(笑)
 

Re: 第50回記念現日選抜書展

 投稿者:凰陣  投稿日:2010年 3月28日(日)17時12分32秒
返信・引用
  > No.603[元記事へ]

鉄齋さんへのお返事です。

鉄齋さん、お久しぶりです。

遅ればせながら、まことにおめでとうございます。
鉄齋さんも御健勝で何よりです。

ネット上で内容は一切書きませんが、

私のほう、
以前言っていた件の結果は、

◎マル◎

でした。(*^o^*)

報告が遅れ、すみませんでした。

これからが更に本格的な頑張り所なので、題目増やしてもっと頑張ります。(*^o^*)

鉄齋さん、ありがとうございました。m(_ _)m



> 私事ながら、、、
>
>
>
> 昨日、第50回記念現日選抜書展の厳正なる審査会が行われました
>
>
> このたび私の書の師匠である現日会副会長、梅津鳴上先生が「第50回特別記念賞」を受賞されました。
>
> 第一回より50年の長きにわたり優れた作品を発表し続け、また幾多の優れた門下生を輩出された多大なる貢献への受賞です。
>
>
>
> ……………………………
>
>
> ★第50回記念現日選抜書展
>
>
> 2/17~3/1、(23日は休館)
>
> 十時~六時
>
> 国立新美術館、六本木
>
>
> 入場無料
>
>
> 今回は私も前年度同人特別賞受賞枠として特別出品しております。
 

「土と日と人と」氏が斬る 2

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 3月26日(金)02時32分46秒
返信・引用
  265 :土と日と人と ◆TJ9qoWuqvA:2010/03/22(月) 18:47:33 ID:01U0a0po0
>>259
沖浦さん、こんにちは。
先ずご指摘させていただきますが、
この冒頭、私は貴方に対し、『○○な沖浦さん』と“冠”をつけましたか?
貴方の悪いクセですが、意見の合わない対論者に対し、レッテルから始めますね。

>259 :沖浦克治:2010/03/22(月) 07:45:07 ID:MdDTVWbco
>極めて臆病な、土と日と人とさんや、

こういうの、おやめになりなさいませ。
「誰かもやってる」とか、そんなの関係あません。貴方の問題です。
更に、互いに論じ合う中でもこうした貴方の挑発が時折見かけます。
交し合う論に必要のない言葉です。謝罪さえすべき恥ずべき姿です。
今回はもう水に流しますが、今後は一切おやめになりなさいませ。


次に、貴方が要求なさる対面ですが、私は言いましたね。

>文字で論じ合えないなら、文字世界(ネット)からお消えになりなさいませ。

ここはご存知の通り、ネット掲示板という文字世界です。
文字でお互いにやりとりできる範囲でしかやりませんし、要求もしません。
そういう前提という暗黙の了解事項でお互いユーザーは利用しています。
私がお示ししたことは、十分に貴方は貴方のお考えを文字で表現できると思います。
ですから、貴方がどのようなお顔でどのような声でなど、貴方の考えをお聞きする上でさほど必要のないことと思います。
先ずはこのような書簡のやりとりにおいては、これで十分です。

最近、池田先生と著名な脳学者の方との往復書簡をまとめた本も出版されましたし、御書も往復書簡です。
ですが、『会わなくていい』と申しているわけではありません。

でもね、今私と貴方でやっているとは何ですか? いわば往復書簡です。
そういうテーブルに着いて、そのテーブルの“範囲”でやっているんです。
そういう範囲でしか議論していません。
ですから、“お答えしやすい”話題しか出していませんよ。

先生の往復書簡もその“できる範囲”でやっているわけです。
殊更に、何でもかんでも「対面しましょ」では、話の流れをぶった切る行為です。
先ずは“今あるテーブル”に着くべきです。
それが「逃げない」ということでもあります。
それとも、この会場からお逃げになりますか?


266 :土と日と人と ◆TJ9qoWuqvA:2010/03/22(月) 18:49:48 ID:01U0a0po0
さて本題に入りましょう。>>265の続きです。

時系列では前後しますが、概ね従来からの沖浦さんのご主張骨子からすれば、そう相違ないと思いますので、諸々論を進めさせていただきます。

先ず、>>238での沖浦さんのご主張は、
「創価学会と世間をわけて考えてはならない」ですね。

これには賛同いたします。当然です。
沖浦さんが「眺め人」なるレッテルを貼った方々の誰ひとりさえ、
社会での実証を軽んじている人はいません。
こういったレッテルは対論者への貴方の意図的なものですから
議論の全体像が見える方からすれば、沖浦さんの悪意にしか映りません。
おやめになったほうが結局は議論を前に進めやすいということをご諫言申し上げます。

さて、こういう指導もありましたね。
『学会活動は一人前、仕事は三人前』
『社会で実証を!』
私も自分にムチを打って頑張ったものです。

沖浦さんもお読みと思いますが、例えば大百蓮華の体験談。
「仕事で成功した」「病気で打ち勝った」「社会でこう勝った」が満載ですね。
これは何も、紙上だけの話ではありません。

いいですか?ここが大事です。
それぞれ個人個人の悩みが、家庭や社会にある限り、
必ずそれに向き合わなければいけません。
世間と組織を分けて考えるだなんて、現実問題あり得ないのです。
これが創価学会の信仰であり、学会組織の現実の姿です。
けっして「学会活動(闘争)だけが大事」、
もしくは「学会活動のほうが大事」だなんて誰も言っていませんことをきつく記しておきます。

更に、その勝利の実証の原動力に学会闘争という「福運を積む戦い」があるのあり、
「仕事(世間)で頑張る」のは、いわば「当たり前」の部分です。
もうひとつ言うならば、
「頑張る世間で空回りしないようにしっかりと福運つけて」です。

世の中に社会で頑張る人はいくらでもいます。
勿論、学会員以外にも。当然です。
ですが、そう上手くはいかない。思ったようにゆかない・・・
それが宿命じゃありませんか。
ですから、福運つけて諸天の加護があって、その宿命を換えてゆける。
宿命転換とは、そういった広布の闘争があってはじめて成し遂げることができるのではありませんか。

ゆえに、「実証の姿」とはその【プロセス】のことです。
「創価のい功徳を示す」とはただ単に「成功の姿」だけ」ではありません。

なのに、『世間(社会)が「本」』だと強調するあたり、
どちらかと言うと沖浦さんがむしろ「立て分け」しているように見えます。
「本」とするからには当然、大事だとおっしゃりたいのでしょうが、
その一方の「福運つける部分」が忘れられてはなりません。
日蓮仏法、創価学会は自己啓発セミナーではありません。

昔も今も、組織や会長指導で「社会で実証」とし、
学会闘争がその原動力として指導されている中、
あたかも、学会闘争しなくてよいと思われるような誤解を生む表現がるようであってはなりません。
ですから、殊更に意固地になって「世間が本」を用いるのは、それぞれ場面をお考えになってお使いになったほうがよろしい。

それとも、本当に「学会闘争をしなくてよい」とのお立場であったり、
後述の「学会闘争に代る戦い」を学会闘争の上に置かれているのですか?
確認に意味で明確にお答えいただくべき部分です。

社会で実証を示す「原動力」たる闘争(=福運つける部分)
に関する部分を整理する前に、あえて再度、大前提で言います。

【仕事、社会、世間で実証(頑張る)は当たり前です。】

その上で、以下。

A:いわゆる『学会闘争(その中身は>>243で述)』

B:沖浦さんが生み出した新しい闘争
 (1)広く進める運動として「熱原烈士劇」等
 (2)パーソナルな行動として「質問会」「講演活動」等

*確認させて頂きます。

【Q・1】沖浦さんにとっての重要度はどれですか?
 (ただし、「重要度」という表現にご留意ください)
     A=B、 A>B、 A<B、

【Q・2】AB、どれを優先されますか?

これらは貴方の立つ位置を確認するための質問です。


267 :土と日と人と ◆TJ9qoWuqvA:2010/03/22(月) 18:50:56 ID:01U0a0po0
>>266続きです。
更にここで。
これまでの貴方の対応を見るかぎり、議論のすり替えが甚だしいので、
あえて前提を用いた質問を用意させていただきます。

噛み砕いた言葉でうかがいます。
「B」が貴方にとって「社会への取り組みだから」とお答えなさった場合、
いわゆる福運はどこでつけるのですか?
折伏、唱題・・・?ほかに?
これらでしたら学会軽視ではいられませんね?確認です。

では、比較論ではなく、ただ「A」を大事だとおしゃっている方々に対し、
殊更に『貴方たちは戦っていない』と言い放つことがあったなら、
それは今後一切おやめください。
発言は十分に慎重に、言葉を選び用いるべきです。

心の奥底に『俺の戦いのほうが凄いんだ』(つまりA<B)
があるから、そうなるんです。

核心(本心)を突かれて、なんとしても対論者を潰そうとしたとしても無駄です。
いくらでも二陣三陣と陸続と続きます。
ご自分の本心はご自分が一番ご存知だと思います。
好き勝手に活動なさるのはご自由ですが、
その奥底にある、反組織の衝動は美談では隠し切れません。

対面を重んじるリアル主義の貴方ですので、どうぞ今後はネットの外でいくらでもおやりください。

ただ、沖浦さんは常々「ネットの大掃除」「持論の流布(趣意)」と仰せです。
ここで示したQ1/Q2の設問に、「私は私、貴方は貴方」とまたいつもの逃げ口上をされますか?
そんな「私の勝手」と称す“自己の信じたる道”ならば、周りを巻き込まないようになさいませ。
啓蒙(流布)のつもりでされるのでしたら、更に「もってのほか」です。
貴方が独自のご持論を広めようとすることは、当然ご自分の流布されるその影響を狙ってのこととですね。
では、そんな自分が指導者にでもなったかのスタンスが、
今宿命の真っ最中にある方々の耳(目)に入り、その顛末に対しなにがしかの責任はお取りになれますか?
ああいえばこう、こういえばこう、
「私は私」と「ネットの掃除=持論の流布」には相反する立場があります。
都合のいい逃げ口上のあとに「対面」がどうたら、何言ってんですか?
いいかげんに、自分を客観的に見つめられるようにおなりなさいませ。

私は平日は多忙ですので基本的には書き込み致しません。
何を書かれても見ることもできません。あしからず。

では沖浦さん、
しっかりと基本からまいりましょう。
一生青年、今からでも遅くはありません。謙虚から始めましょう。
ここで指摘致しました道理をキチンとわきまえて、頑張るんですよ。




280 :沖浦克治:2010/03/23(火) 00:18:20 ID:6wWhcHTM0
土と日と人とさん

私はね対面前提にネットをしております。
それが出来無い人は、所詮口舌の徒です。
どう言う美辞麗句を並び立てても、私との対面を避ける人は、絶対に信用致しません。
ですので、貴方が私に質問がしたいなら、聞きにおいでなさい。
ドアは常に開いております。
後は、貴方が仏法者としてこうどうするのか?
外道に落ちぶれて行動しないか?ご自分でお決めなさい


※ハイ、沖浦お得意の「遁走用語」の羅列。

お前のスタンスなんか目の前の議論に関係ない。
文字で論じ合えないなら、文字世界(ネット)から消えろ!
 

「土と日と人と」氏が斬る 1

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 3月26日(金)02時18分51秒
返信・引用
  233 :土と日と人と ◆TJ9qoWuqvA:2010/03/21(日) 20:01:47 ID:01U0a0po0
>>232日々朗らかさん、こんばんわ。
みなさん、お久しぶりです。
さっそくですが・・・

>これネ、勘違いがありますね
そうでしょうか?

「学会活動?興味ありませんね」
「貴方ね、せいぜい学会活動でもやってなさい」
そう学会活動を軽んじて、明らかに「揶揄の言葉」としています。

直接的にはコテハンたちに向かって放った言葉としても、
前後の流れからすると、そのコテハンさんたちが主張する「中身」に対する反応は明らかです。

従来から沖浦氏は「学会活動は大事だ」という意見には、過剰に反応している様が貴方には見えませんか?
横槍を含め、どんどん突っかかっていっているじゃありませんか。
たとえ、学会活動を直接否定する言葉はなくとも、そういうスタンスは何を物語っているか?です。
そうでないのなら、学会活動を賛嘆するごく普通の書き込みに物言いなど書きませんよ、普通は。

やはり彼にとっては、学会活動よりも自分の独自の行動のほうが上と考えているのが自然です。
熱原劇のときだってそうです。
「新しい広宣流布のスタイルができましたよ」
この言葉の裏に何を言わんか?です。万事この調子ですよ。

つまり、沖浦氏の立つ位置としての「沖浦氏の主張」なのです。
ですから、『全ての活動家』を揶揄したことと同じです。

一方で「自説をネットを使い教導する」と言っています。
自分の考えを広めると明確に言い放っているその中身がまさにソレなんじゃありませんか?

日々さん、大変失礼ですが私には貴方の目は節穴だらけに見えます。


243 :土と日と人と ◆TJ9qoWuqvA:2010/03/21(日) 21:13:29 ID:01U0a0po0
>>236沖浦さん

>活動は否定しますね、戦いは肯定します。
>それだけのお話です。

いえいえ、「それだけ」では済ませられませんね。
なにか「(学会)活動」という言葉に、沖浦さん流の解釈、もしくは沖浦さんという眼鏡を加えていませんか?

昔はね、今で言う「学会活動」は「学会闘争」とも言いました。
しかしながら、やっている中身は同じですよ。要は折伏。
誤解を恐れずに言うならば、全ては全ての闘争は折伏に帰結するということです。
「折伏」という言葉に狭義を感じるならば、「仏法を広める」でもいいでしょう。

沖浦さん世代にとって、仮に今の青年部が生ぬるく見えたとしても、おこなっている中身は、その「仏法を広める」という闘争です。
それを即ち、現代の創価学会は「学会活動」というのです。
その具体的な諸行動に、折伏は勿論のこと新聞啓蒙や対話、法戦もあるのです。
そして自己の練磨に諸人材グループ活動や御書の研鑽があるのではありませんか。
それ全てを今は「学会活動」と称しているわけでしょ。

そういった事をふまえて、この「学会活動(闘争)」をご否定なさいますか?
言葉の解釈の違いではなく、中身でお答えください。
言葉巧みに核心からお逃げになっても駄目ですよ。

沖浦さんの言う「戦い」とは、ズバリその上記の「学会活動(闘争)」“以外”のことを指してらっしゃるのですか?

その答えいかんによっては、私が指摘した>>233のように
日々さんは沖浦さんを「勘違い」さなさっていることが明らかになりますが。


244 :土と日と人と ◆TJ9qoWuqvA:2010/03/21(日) 21:18:29 ID:01U0a0po0
>沖浦さんの言う「戦い」とは、ズバリその上記の「学会活動(闘争)」“以外”のことを指してらっしゃるのですか?

もっと言い換えるならば、

その上記の「学会活動(闘争)」“以外”の
「沖浦さんが考案した行動」が

>活動は否定しますね、戦いは肯定します。

における、「戦い」というわけですね?


250 :土と日と人と ◆TJ9qoWuqvA:2010/03/21(日) 21:40:16 ID:01U0a0po0
>貴方は読めない、眺めるだけ。

沖浦さん、こういうレッテルはやめましょうよ。
論じている最中ですよ。
少しそのあたりキチンとわきまえましょうね。

>貴方ね口先だけじゃないなら、私と対面しましょう。

また「飛び道具」ですか?
文字で論じ合えないなら、文字世界(ネット)からお消えになりなさいませ。

そういう道理をキチンとわきまえましょうね。
 

はぐれ板、新たな論客にタジタジ沖浦。

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 3月23日(火)23時43分59秒
返信・引用
  沖浦克治、また逃げたなw

誰の目にも明らかだ。
 

沖浦「対面要求」は、「議論」からの逃亡。

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 3月23日(火)23時40分17秒
返信・引用
  「対面」が勇気ある行動だなんて、それは一般論ではアリかもしれない。

だが、沖浦克治のソレは
議論に追い詰められ、議論から逃げる場合によく用いられる。
いわば、奴の「対面病」は「敗北宣言」に等しい。

沖浦克治に宛てた、この見事な言葉を再度お前に贈ろう。


250 :土と日と人と ◆TJ9qoWuqvA:2010/03/21(日) 21:40:16 ID:01U0a0po

文字で論じ合えないなら、文字世界(ネット)からお消えになりなさいませ。
 

はぐれ雲氏へ。

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 3月23日(火)23時32分28秒
返信・引用 編集済
  悪臭沖浦をいつまで放置しているのです?
そちらはゴミ屋敷ですか?

貴方がもし善悪を判断できているなら、同罪ですよ。
 

沖浦、やはり「学会活動」という言葉に拒絶反応

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 3月16日(火)23時52分5秒
返信・引用
  純真に、かつ普通に学会活動の尊さを言葉にしただけでも、この反応!
よほど沖浦は「学会活動」という言葉に拒絶反応を示すようだ。
しっかし、普通ここまで言い返すか? 変すぎるぞ、爺さん。

名前:しげきょん 投稿日:2010/03/16(火) 22:22:01 ID:qKFZ/T4A0
 広宣流布の願いの題目じゃなきゃ
 師弟相違異体異心の題目じゃ願いは叶わないよ

175名前:しげきょん 投稿日:2010/03/16(火) 22:30:36 ID:qKFZ/T4A0
 学会活動の題目は師匠と不二の心にギアがはまるから不可能も可能な題目
 になる 学会活動を真面目にした人はやっぱり人間革命しているからね

176 :沖浦克治:2010/03/16(火) 22:41:45 ID:6wWhcHTM0
 しげきょんさん、我見はだめですよ

 広宣流布と言ってもね、私共の功徳の生活がお豆腐。
 広宣流布はおから。
 戸田先生のご指導です。
 読みましょうね、眺めていてもだめなんですよ。

 『広宣流布と言っても遠くにあるものじゃない。
 身近なんです。
 祈りも具体的に祈りなさい。
 何かと言うと、広宣流布とか、そう言う大きなことを祈る。
 それではないのです。
 身近な事を具体的に祈る。
 広宣流布とはそう言うことの積み重ねなんです。
 そして、広宣流布したから社会が変わると言う事はないのです。
 永遠に同じなんですよ。』(取意)

 池田先生です。
 師弟不二はね、貴方は貴方なりにおやりなさい。
 他人にそれを強制したらいけませんよ。
 100人の弟子がいるなら、100通りの師弟不二があるんです。
 貴方の価値観を他人に押し付けたら、既に仏法じゃありませんよ。
 これも池田先生のご指導にあります。
 貴方はね、具体的に自分の悩みを祈り、一つ一つ解決なさい。
 それが貴方の広宣流布で、師弟不二なんですよ。
 力んで、ネットで大言壮語する事は、虚しいですよ。
 現実を一歩一歩です。

 そしてね、お題目は宇宙共通なんですよ。
 私共だけに力がある。
 そう言う増上慢は最もいけませんね。
 

近作です

 投稿者:鉄齋  投稿日:2010年 3月 3日(水)22時41分9秒
返信・引用
  ★第50回記念現日選抜書展、李白詩


★川口市役所ミニ展、黄庭堅詩
 

第50回記念現日選抜書展

 投稿者:鉄齋  投稿日:2010年 2月16日(火)00時26分13秒
返信・引用
  私事ながら、、、



昨日、第50回記念現日選抜書展の厳正なる審査会が行われました


このたび私の書の師匠である現日会副会長、梅津鳴上先生が「第50回特別記念賞」を受賞されました。

第一回より50年の長きにわたり優れた作品を発表し続け、また幾多の優れた門下生を輩出された多大なる貢献への受賞です。



……………………………


★第50回記念現日選抜書展


2/17~3/1、(23日は休館)

十時~六時

国立新美術館、六本木


入場無料


今回は私も前年度同人特別賞受賞枠として特別出品しております。
 

その「沖浦克治」が何をやっているか?

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 2月10日(水)00時45分1秒
返信・引用
  【 沖浦問題まとめWIKIにようこそ! 】
http://www21.atwiki.jp/hajaken/pages/1.html
 

「沈黙」という、ほう助

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 2月 9日(火)22時13分35秒
返信・引用 編集済
  日寛上人否定、日蓮大聖人「出世の本懐」否定の沖浦克治。

その沖浦は、こんどは日興上人も否定。


学会員に対し「教導する」と言い、邪儀持論を広める沖浦。
反論する人を、「ネットの掃除をする」と言い駆逐し続ける沖浦。

いまや、「やりたい放題」である。


ところが、ネットの時代の力を過小評価している人がいる。

沖浦の野望がネットを通じ流布されてゆく。
「そんなことありえない」・・・そんな悠長な“あなた”はまだいい。

だが、“あなた”が寝ているあいだに、
同志のあいだに、ジワジワと沖浦ウィルスが確実に蔓延する。

そして各々の『まことのとき』に一気に発症する魔。
静かなる爆弾、「沖浦ウィルス」


“あなた”に罪はあるか?
 

沖○、池田先生の指導を「悩乱」と。

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 1月31日(日)21時58分35秒
返信・引用 編集済
  とうとう沖○、池田先生の指導を「悩乱」と発言!

この男、確実に先生の指導の中身に噛み付いたのは明白。


■449 :京○い△か ◆AIo1qlmVDI:2010/01/31(日) 00:16:59 ID:jCektuII0

(略)
幸福とは何か? それは「何かを得たから」ではありません。
では、「得なかったから不幸」か? それも違う。

広布という最も尊い行動に身を投じる自分がある…、
どんなに苦境に立たされようが、『断じて負けないぞ』と行動できるその事こそ功徳であり、幸福です。
その姿こそ、けっして壊れない幸福なのです。
(略)

仏法における「成仏」とは、何か特別な姿になるのではないし、ましてや死んでからなるものじゃありませんね。
もし、死んでから成るものであるのなら、そんな宗教はまやかしでしょう。
「仏になる」とは、つまり学会活動のことです。
(略)


■453 :沖浦克治:2010/01/31(日) 06:51:14 ID:6wWhcHTM0

仏になるとは学会活動のこと???

(くだらないので略)

脳乱かい?

(くだらないので、略)


■468 :京○い△か ◆AIo1qlmVDI:2010/01/31(日) 14:41:05 ID:jCektuII0
>453
沖浦さん、せっかくの貴方のご説法なんだけど

>449はね、○日、何百人もの○○△△総県の壮年部の同志が聴いたもので、
池 田 先 生 が 我々のためにと、直接、正木理事長に託したご指導なんだよ。

貴方には悪いが、あえて書き込みの出所を書かず、
また、私見をはさまず、要点だけを記述した。全文が先生の指導だ。
これは、出席した多くの同志が証人だ。

先生の渾身の指導を、よくもまぁボロカスに否定してくれたね。
このあと、どんな詭弁で自己フォローするのかな?

手当たり次第に難癖つけまくって、大恥。
もう貴方、消えればどうですか?

沖浦さんのご説法では、“池田先生が悩乱”と。
やっちゃいまいしたね。
 

沖○、日寛上人を完全否定!

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 1月31日(日)00時36分52秒
返信・引用 編集済
  ■沖○シンパは見ておくがいい。

名前:沖浦克治 投稿日:2010/01/30(土) 22:16:20 ID:6wWhcHTM0
 寛師ね、

 国家諌暁、一度もやってません。
 堕落した葬式仏教の一宗派の代表だった人です。

 信行学知ってますか~~??
 信があって、行がある、そして学があるんです。
 教学で、信と行の無いものは偽物なんですよ。

 寛師は信も行もありません。
 欠片でもあるなら、命かけて国家諌暁してますよ。

 折伏も、国家諌暁もしないで、胡坐かいて飯食ってた人。
 そう言う人の一大秘法いりません。
 こう言う邪義押し付けられたら迷惑なんですよ。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■さらに、君らの教祖様はこうご指南されている。

433 :沖浦克治:2010/01/30(土) 16:54:53 ID:6wWhcHTM0

 謗法を咎めなかった。
 これを与同罪言って、御書に明確です。

 牧口先生です。
 『良い事をしないのは、悪いことをするのと同じだ。』(取意)

 貴方はね、今後この言葉を噛み締めて生きなさい。
 本当に情けないですね。


※ シンパ諸君、教祖様を咎めないのか?w
 

断じて許せぬ暴挙に気付こう!

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 1月30日(土)07時26分26秒
返信・引用 編集済
  再度警告!

   ■“法の番人”不在に 内閣法制局長官の答弁を禁止 通常国会冒頭から■
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100114-00000579-san-pol

これが何を意味するか? 真剣に考える必要がある。

今後は、大臣や時の権力者が憲法解釈をするということである。

我が国は、多くが“解釈”によって憲法を運用してきた。
自衛隊の存在や、その運用しかりである。

時の国民益、人類の利益に叶うことこそ我が国の憲法の存在意義として、
時に叶う解釈がなされ、それが活かされた。

だが、これが“選挙互助会”の方々による政敵潰しに利用されかねない危機にひんしている。


大胆に断じておく。

昨日まで何やってたかもわからない連中が国会議員になることもある。
とくにそこ! 民主党、お前ら。
こんな連中が「これが民意だ」とばかりに、憲法を勝手に解釈し国を動かすのか???

立法府が司法判断するのか???
行政府が憲法を解釈するのか???

官僚、官僚、と言うが、
選挙で動じない番人も必要じゃないのか?

内閣法制局長官がダメだというなら、
それとも、三権のもう一方「司法」にも、その都度、国会にお越しいただくのが筋じゃないのか?

“意図をはらんだ”大臣が、憲法解釈するだなんて、
この国をどこへもってゆくのかね?民主党よ!

断じて許すことができない暴挙だ!
 

慶事

 投稿者:鉄齋  投稿日:2010年 1月19日(火)20時54分59秒
返信・引用 編集済
  先月の事です。

私が書を教えている Sさんが、一級建築士試験に見事合格したとある日に連絡がありました。

知っての通り 一級建築士試験は合格率八%を切る難関で、最近は耐震偽装問題などの影響で 余計に狭き門になってました。

今回、四回目の挑戦で見事栄冠を勝ち取りました。

彼女は多忙な仕事の合間を縫い、昨年夏の現日書展では特選を受賞、準同人に推挙。
また昨年の墨心展では推薦賞を受けました。


来る二月の現日選抜書展にも今回初めて準同人として出品致します。(私と共に)




一級建築士試験の1ヶ月前までお稽古に来て、受験後すぐに復帰しました。
大変な努力家で本当に頭が下がります。
これから楽しみな逸材です。
 

「大阪事件」と同じに論じるな

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 1月18日(月)21時42分44秒
返信・引用
  「小沢VS検察」のこと。  

いま、「全権委任法」を調べておく。

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 1月15日(金)00時35分27秒
返信・引用
  ■全権委任法■
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%A8%A9%E5%A7%94%E4%BB%BB%E6%B3%95


「数」は得た。

何でもできる。

法の番人もご退場願った。

民主党さん、その次は?
 

“法の番人”不在に

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 1月14日(木)23時34分47秒
返信・引用
  ■“法の番人”不在に 内閣法制局長官の答弁を禁止 通常国会冒頭から■
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100114-00000579-san-pol

これが何を意味するか?
いよいよ公明を本気で潰しにきたようだ。

脱・官僚。まぁそれはよかろう。
だが、目玉政策の美名の影に、国家・民衆にとっての取り返しのつかない禍根を想う。


ナチスがいかに権力を握ったか?
「まさか、そこまで・・・」
これがドイツ国民の言い分だった。
だが、歴史は物語る。
 

小沢一郎の正体

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 1月14日(木)01時59分53秒
返信・引用
  古い記事だが、一読の価値はある。必見。

■小沢総理なんてまっぴらゴメンだ■
WILL 2007年9月号  石原慎太郎 (東京都知事)

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-magazine025.html
 

鉄齋さん

 投稿者:凰陣  投稿日:2010年 1月11日(月)04時13分9秒
返信・引用
  > No.589[元記事へ]

鉄齋さんへのお返事です。

> 明けましておめでとうございます。
> 本年も宜しくお願いいたします
>
> 管理人、鉄齋


鉄齋さん、活躍されている御様子、

お喜び申し上げます。

また、拝見するこちらの励みになります。

ありがとうございます。
 

「人間が本、仏が迹」論の終焉。

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 1月10日(日)14時09分59秒
返信・引用
  沖○の唱える「人間が本、仏が迹」が、この三人の方にぶった斬られた。


332名前:はぐれ雲 ◆HHaU7zEjNg 投稿日:2010/01/10(日) 07:25:14  ID:crABbPR20

 人は元来仏である。

 人は仏界が涌現していない時が迹、仏界が涌現している時が本。

 十界論から相対するのが道理であり、人間と仏を固体としてを比較相対するのは間違いですね。

 従って、十界論上で相対するのが正しい相対の仕方ですね。


333名前:鯖★ 投稿日:2010/01/10(日) 09:15:39  ID:???0
>332賛成です。

・御書に「人は迹」「仏は本なり」と。

・本覚論的に「仏」界が本地であり、「人」界は迹。

・「人」を「人間」と混同するから、誤解が生じるのかと。


334名前:ヒロGO 投稿日:2010/01/10(日) 12:05:45  ID:wkm0HX7IO

(要旨)
戸田先生が獄中で悟った「仏とは生命である」を思い出した。

人と仏と相対的な考え、また一面的な考え方をすると とんでもない間違いをおこすね。

言葉ではわかっていても、やっば唱題をあげ続けるしかない。
戸田先生も獄中で唱題をあげておられて悟ったのですからね。

それから、僕の男子部時代の時、やまいぬさんと体験同じ体験をした奴がいた。
すざましいほど唱題をあげたと言ってた。


ちなみに、こういう斧氏の斬り込みもあった。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9724/1244566554/l50


きっと沖○は、このあとムキになって狂態を晒すことだろう。
 

(無題)

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2010年 1月10日(日)01時54分44秒
返信・引用
  鉄斎先生、今年も宜しくお願いします。

書の道を「しゅうじ」とヌカす、かの愚かな御仁を軽く笑いとばし、
これからも、ますますのご活躍を!

あの御仁、相変わらず鉄斎さんを丸井さんと勘違いしていますね。

丸井さんも面白ろがって放置しちゃダメですよ(笑)
 

皆様

 投稿者:鉄齋  投稿日:2010年 1月 9日(土)00時04分11秒
返信・引用 編集済
  明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします

管理人、鉄齋
 

(無題)

 投稿者:凰陣  投稿日:2009年12月31日(木)10時06分13秒
返信・引用
  お久しぶりです。
今日で今年最後ですね。

今年一年もお世話になりました。
ありがとうございました。

管理人様、皆様、良いお年と更なる発展をお迎え下さい。
 

(無題)

 投稿者:転載バカボン  投稿日:2009年12月30日(水)02時26分38秒
返信・引用
  ご参考に。

【創価系掲示板の歩き方】
http://d.hatena.ne.jp/sarukikata/

資料的には少し古いが、各評価は面白い。
沖○をバッサリと切り捨てているのは正視眼。
 

あちらこちらで逃げる沖浦さん。

 投稿者:京阪いこか  投稿日:2009年11月23日(月)12時06分28秒
返信・引用
  いまだこの質問に答えられない沖浦さん。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9724/1258862363/
 

鉄斎先生

 投稿者:京阪いこか  投稿日:2009年11月22日(日)00時50分19秒
返信・引用
  これまた凄い!

書好き素人の私の憧れです(笑

益々のご活躍を。
 

鉄斎さん

 投稿者:河内平野  投稿日:2009年11月20日(金)12時40分31秒
返信・引用
  益々のご活躍おめでとうございます。

また、仕事の方も大変忙しいとのこと。風の便りで聞きました。笑

体には気を付けてがんばってください。
 

書道ジャーナル

 投稿者:鉄齋  投稿日:2009年11月19日(木)17時00分11秒
返信・引用 編集済
  【季刊、書道ジャーナル、2009秋号】に「現代書の見方」の現日書展の注目作として取り上げられました。

これは書道評論家の小野寺啓治氏が会場に自ら足を運び、慎重に選出するものです


全国の書道用品専門店には置いてあります。
もし機会がありましたら、立ち読みで結構ですのでご覧下さい
 

座談会で先生の戦時中投獄生活を学ぶ

 投稿者:高橋弘二  投稿日:2009年11月 5日(木)15時40分46秒
返信・引用
  牛乳瓶の蓋で御数珠を作られたそうです。信仰の厚さが伝わってきます。  

管理人さま

 投稿者:通りすがり  投稿日:2009年10月23日(金)23時31分2秒
返信・引用
  はじめましてお邪魔します。

若さ故に恥をさらし、走り抜いているものです。

しかし、そろそろ、歳を重ねるにつれ洗練されていきたい。

少々、ガツガツのゴチゴチ、イビツに育ちすぎた。

はじめからスッキリしているのと、磨かれてスッキリしているのとは違う。

以前、そのようなことを人から言われたことがあるのを思いだしました。

今思えば、まさに希望の言葉ですね。その方に御礼の意味あいもこめてここで有難うと書かせていただきたく通りすがりました。

下記は時の旅路という歌です。

http://www.youtube.com/watch?v=HUVt4dLUT68
 

ログ保存

 投稿者:凰陣  投稿日:2009年10月20日(火)16時41分5秒
返信・引用
  非公認2

独り言のコーナーです、コメントしない方が良いですよ


686:旧・風凛
09/10/20(火) 11:10:14 ID:twunqjekO

沖浦さん、お久しぶりです。
邪魔にならないように、こちらのスレッドに書き込み致しますね。
マグマグさんへの沖浦さんの書き込みを見ました。

学会の公式見解に対して「ネット上で異議を唱えるだけでは無く、
それを強弁し、
他者に強いる」ならば、
沖浦さんは、学会をお辞めになったらどうですか。

学会に対して納得しながら信心をしている者にとって、学会の公式見解は、議論の余地がありません。
昨日と今日、今日と明日で、万が一にも学会の公式見解が変わろうとも、「学会の全てにおいて生命で納得が行っている者」は、その通りにやっていくものなんですよ。

それに対して沖浦さんの納得がいかないならば、学会を辞めればよい事です。

違いますか?

簡単な事ですよね。
ではね。



141 名前:沖浦克治 投稿日: 2009/10/20(火) 12:04:31 ID:AJ3hr85o0

 非常に腹立たしいので、風凛さんのアクセスをお断り致します。
 

希少難病女性の富士山登頂計画 「夢」は来夏に

 投稿者:鬼瓦権造  投稿日:2009年10月17日(土)12時02分1秒
返信・引用
   手足の先から徐々に筋力が失われる希少難病「遠位型ミオパチー」を患う中岡亜希さん(32)=京都府宇治市=が、プロスキーヤーの三浦雄一郎さん(76)の全面協力を受けて車いすでの富士山登頂を目指したが、悪天候のため計画を変更し「夢」は来年につなぐことにした。13日には山梨県富士吉田市の五合目付近で次回に備えた“リハーサル”を行い、中岡さんら一行は再挑戦へ向けて気持ちを新たにしていた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/301557/

 

難病患者の女性、車いすで富士山へ 三浦雄一郎さんも全面協力

 投稿者:鬼瓦権造  投稿日:2009年10月17日(土)11時59分32秒
返信・引用
  手足の先から徐々に筋力が失われてゆく原因不明の難病を患う中岡亜希さん(32)=京都府宇治市=が9月、理事を務めるNPO法人「希少難病患者支援事務局(SORD)」(京都市)の仲間や交流のある子供たちとともに、車いすで富士山登頂を目指す。孤独に悩む患者の置かれている状況やSORDの活動を一人でも多くの人に伝えたいとの願いを込めたチャレンジ。その思いに共感したプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(76)も全面協力する。(伐栗恵子)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/294081/

 

沖浦は学会員の恥

 投稿者:バカボン  投稿日:2009年10月16日(金)23時13分37秒
返信・引用
  投稿者:河内平野 投稿日:2009年10月16日(金)09時49分47秒
仮病で欠勤、スキー大会出場繰り返す(仮題)
―神戸市職員2名、停職6ヵ月と停職1ヵ月―
―公僕学会員の動向を監視せよ―

(『慧妙』H16.8.1)

去る6月30日、兵庫県神戸市は、腰痛などを理由に病気欠勤しながら、その実、長野県内などの
スキー大会出場を繰り返していた50代と30代の技術職員2名を、それぞれ停職6ヵ月と同1ヵ月
の懲戒処分にした。この2人は、平成14年11月から今年3月にかけ、腰や手足に痛みがあるとす
る診断書を提出し、それぞれ22日、7日を病気欠勤したが、実際には、スキー大会出場や練習にあ
てていた。"事件"が発覚したのは、神戸市に「職員が仕事をさぼってスキーをしている」などの情報
が寄せられたことから、同市が調査に乗り出し、ホームページやスキー雑誌で大会成績を検索したと
ころ、「神戸市役所スキー部」として2人の名前が掲載されていた。

50代の職員は優勝し、雑誌に顔写真入りで紹介されていたという。2人は「体の痛みで、丸1日の
作業は無理だったが、スキーなら差し支えなかった」と弁解したというが、本当のところは"スキーの
しすぎで腰や手足が痛かった"のではないか―。

ともあれ、行財政改革が急務とされている現在、このような怠慢(たいまん)職員は、停職処分などで
はなく、即刻懲戒解雇とすべきであろう。ところで、この怠慢公務員のうちの1人が、ハンドルネーム
「沖浦」を名乗る学会員だという情報がインターネット上を飛び回っている。

本紙にも、この事件を期に脱会を勧めた法華講員に対し「沖浦」某が「私はどのような事があろうと、
創価学会を離れません。人生は臨終が勝負です。浮きしずみは誰にでもあるでしょう。
3年先の私をご覧下さいませ。(中略)報道とは違い、私はすでに神戸市役所を退職しております」
と書いてきた、という情報が寄せられている。

処分された職員と「沖浦」某が同一人物かどうかはともかく、このメールの主は、この自業自得の
"事件"を真摯に反省するどころか、"事件"はむしろ、身に降りかかってきた"難"である、と捉えて
いるようだ。このような感覚を持つ学会員公務員がどんどん増殖していったら、日本の行政はどう
なってしまうのか―待ち受けるのは闇黒の未来に違いない。
*******************************************************************************************

と、『慧妙』に↑このように書かれ、学会に大迷惑をかける。小枝田くん こんなもんでいいか?
 

沖浦克治の過去

 投稿者:バカボン  投稿日:2009年10月16日(金)23時12分30秒
返信・引用
  投稿者:河内平野 投稿日:2009年10月16日(金)09時41分5秒
>名前:斧不一 投稿日: 2009/10/15(木) 07:00:07
---省略---
>商売人は何度、創価学会に迷惑をかければ気が済むのだろう?

どう迷惑をかけたた具体的に明記せよ。
何度?何度迷惑をかけたか全て述べよ。
*****************************************************
いっぱいありすぎて全部は明記できないが
小枝田くんの要望に答えて代表事件を明記してあげるよ

■腰痛で欠勤…でもスキー大会は優勝■
―神戸市 2職員、停職―
―雑誌に載り公に―
―「仕事は無理だが、スキーならできた」―

(『毎日新聞』040718東京朝刊)

病欠として仕事を休んでスキー大会出場を繰り返していたとして、神戸市が市環境局の
50代と30代の男性職員2人を懲戒処分(停職)にしていたことが17日、分かった。
スキー大会のホームページ(HP)や専門雑誌に2人の成績が紹介されていたため発覚。

30代の職員は「仕事はできなかったが、スキーならできた」、
50代の職員は「問題ないと思った」と話しているという。

同市によると、02年11月~04年3月に50代の職員は計22日、30代の職員は計7日、
腰などの痛みを理由に診断書を提出して欠勤。兵庫、長野、新潟各県のスキー大会に出場していたという。

2人は市役所スキー部員。「さぼってスキーをしている」という情報があり、市が調べたところ、
病欠の日にあった大会で50代の職員がシニア部門で優勝するなど2人が好成績を収め、大会HPや
スキー雑誌などに名前や写真が掲載されていたことが分かった。
処分は6月30日付で、50代の職員が停職6カ月、30代の職員が停職1カ月。
 

韓国SGIに対する虚偽報道事件

 投稿者:ねこぱんち  投稿日:2009年10月16日(金)13時11分21秒
返信・引用
  韓国SGIに対する虚偽報道事件で
韓国テレビ局(SBS)が“訂正放送”
「言論仲裁委員会」が決定
『聖教新聞』2005年11月15日付)


 韓国のテレビ局・SBS(ソウル放送)が、韓国SGIについて、事実を著しく歪曲した番組を放送した問題で、同局は5日、韓国の「言論仲裁委員会」の決定に基づき、「職権調停決定文」を放送した。これは事実上の「訂正放送」にあたる。

 ことの発端は、SBSが8月27日に放送した「そこが知りたい」と題する報道番組。“忠清大学から授与された名誉教授称号は寄付の見返り”“韓国SGIは、天照太神や八幡大菩薩などを信仰する日本宗教(倭色宗教)”云々と、全く事実無根の虚偽を流すなど、悪意と偏見に満ちた中傷を行った。

 この番組に対し、韓国SGIは先月14日、「言論仲裁委員会」に訂正報道請求を申請した。

 同委員会は、「言論仲裁および被害救済等に関する法律」に基づき、報道被害者を救済する目的で設立された韓国の公的機関である。現職の判事や弁護士、大学教授などの学識者で構成されている。

 同委員会は、韓国SGIの申請を受け、SBS側の主張も考慮したうえで、職権によって同27日、今回の調停内容を決定した。本来、この決定に不服がある当事者は異議申し立てをすることができるが、今回はSBS側が異議申立権を放棄したことにより、決定が確定した。この決定は裁判所による判決と同じ効力がある。

 決定に基づく今回の“訂正放送”では、視聴者が十分に理解できるように、文字と音声を通じて1.忠清大学は、池田SGI会長が創価大学の創立者として世界平和および文化、教育分野で多様な活動をしていること、また国際的にも卓越した学問的業績をもち、徳望が高く、世界文化に貢献してきたことから、その功績を称えて名誉教授学位を授与した 2.韓国SGIは、韓国内の政治や選挙に一切、関与しておらず、大統領選挙に介入した事実もない 3.韓国SGIはインド、中国、韓国から日本に伝来された法華経を根本にする日蓮大聖人の仏教を信奉しており、「倭色宗教」ではない 4.天照太神や八幡大菩薩を信仰の対象としている事実はない 5.牧口初代会長は、第2次大戦の責任を韓国など被害国家に転化した事実はない――とSBSが行った放送の誤りを正す内容の報道文を放送した。

 メディア問題に詳しい韓国の弁護士は、この放送について「訂正・反論の報道は通常、20秒程度であるが、今回は1分以上にわたって放映された。これは極めて異例で、韓国SGIの立場を十分に反映した内容だった」と評価している。

 今回の放送によって、創価学会と韓国SGIの「正義」と「真実」が、広く宣揚されたことになる。

 一方、日本では「週刊新潮」(10月6日号)が、この虚偽番組を完全に鵜呑みにした悪辣な捏造記事を掲載した。その肝心のネタ元のSBSが誤りを正す内容の放送に至ったことで、同誌の無責任な体質と軽挙妄動ぶりは、改めて広く社会の知るところとなった。
 

「幸の架け橋」掲示板の重大過失

 投稿者:妙の照覧  投稿日:2009年 9月13日(日)13時26分13秒
返信・引用
  幸の架け橋という掲示板がある。
旧名をオアシス創価掲示板という、およそ創価の冠を付けるには不相応の醜い掲示板である。

驚くべきことに、組織で「口頭」を徹底されたはずのメッセージをネットで公開している。
地区幹部ですら口頭を徹底されているにもかかわらず。

更に驚くべきことに、このゴンという人物は、自称・現役B長である。
掲示板の固定メンバーの誰ひとりとしてこのことに注意もしない。
何の管理責任も取らない管理人の「はぐれ雲」の感覚もこの程度である。
日頃、ビジター諸氏の忠告・諫言に耳を貸さず、逆にさも信心があるように振舞うこの者らの実態が如実に現れている一例である。

尚、このメッセージは朝日新聞にリークされている。
出所は明かされていないが、不特定多数に公開されている掲示板である以上、
「自分の所からではない」と言い切れるのか?
マスコミや策謀の連中は、ありとあらゆる創価系ネットで情報収集しているのは分かりきっているはず。
取り返しのつかない大失態である。気の緩みではすまされない。

「ヒヤリハット」の原則がある。
『1件の重大災害(死亡・重傷)が発生する背景に、 29件の軽傷事故と300件のヒヤリ・ハットがある』という警告だ。、安全活動の中で多く採り上げられる言葉だ。

この一件がこの板の姿を物語っているのではないか?
聞くところによると、この転載者本人はSもしくはGの「人材グループ大学校」出身(卒業、着任歴は不明)らしい。
しかも、およそ学会活動家にあるまじき発言で有名な管理人「はぐれ雲」は、公然とS班出身を披露している。
この両名のまったく危機管理意識の無さは、一体どういう訓練を受けてきたのであろうか?
ビジター諸氏の数々の諫言に耳を貸さない有様といい、はからずも現在いかに学会の流れに「主体的でない(=受動的)」かがうかがわれる。

いつまでも「お客さま」の自覚しかない‘ぬるま湯’で、地域の「主体者たらん」の覚悟もない連中は、会員・学会への厳護の精神など全く理解していない。
そのことが日頃掲示板でのスタンスも悪に対しも生ぬるく、助長の愚を犯しているのである。

かのような掲示晩に対し勧告する。
一時閉鎖をし、自省の検証を行うこと。もしくは、廃止するべし。
事の重大性を深く認識すべし!


//////////////////////////////////
●以下は掲載されたもの。

88 :ゴンちゃん ◆qrNuUBaZ6U :2009/09/12(土) 20:43:07 ID:PUu98Fyg0
先程の法戦に対して
池田先生よりメッセージを戴いていましたので
御紹介致します!

※以下、本文は省略。(実際の書き込みは全文掲載された)
 

Re: 天地人?

 投稿者:三宮金太郎  投稿日:2009年 9月13日(日)13時01分47秒
返信・引用
  > No.571[元記事へ]

通天閣さんへのお返事です。

> 非公認板で爺さんや日朗と仲良しの武田なんちゃらってこれかい?
>
>
> http://syuun.way-nifty.com/blog/2008/09/post-4ea6.html
>
>
> 試合直前に肉離れのマヌケオヤジにはちょうどいいやな(笑)

通天閣はん、偽ものは偽ものを知る。

ほんま、アホとしか言いようがないわ。
 

レンタル掲示板
/6