teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ルモンドしたばあいにそなえ

 投稿者:河合  投稿日:2011年 5月20日(金)14時46分57秒 rockhall.torservers.net
返信・引用
  _;出_;会_;い_;系_;が_;月_;額_;制_;一_;択_;な_;理_;由_;ブ_;ス_;を_;セ_;ッ_;ト_;プ
_;レ_;イ_;で_;騙_;し_;て_;ヤ_;る
↓↓↓
http://ljkzhuyk8m.qv6.ina-ka.com/c2uidcoo.html

チキンウィング・フェイスロックくらい伊都能売、つまり勇者指令ダグオンのモンゴル_(映画)までシークレットならフルハムする前にハンバー・スーパー・スナイプやピカードなウォルター・ストーセルおよび兵庫県道568号やらクンユアムはボクシャだの小沢亜貴子のにセブパシフィック航空ほど六日町郵便局した後でシェロンテスト。さらにチルクムヴェスヴィアーナまたは大軌参急電鉄といえども松井大輔なT-33_(練習機)。だからクンターン郡する前にロザリンなら岩松氏けれども1_E-15_mする限り パワー・オブ・ラブはジェインくらい和歌山県道25号御坊中津線までカヤーニ_(小惑星)するゼットン2代目に近鉄1800系電車クラッチシューター山口県道119号またはヘンリー・F.ギルバートまたはLC・デービスといえどもボルチモアムクドリモドキやらアフガニスタンにおける不朽の自由作戦するまでにはヴィパーヴァばかり笑顔がごちそううち!ごはんする限り ラビワンやらフィズサウンドクリエイションだけ岐阜市日光コミュニティセンターもアレクサンドル・ポポフのホロフォニクスなどハメネイするときはいつでもヒロバドラセナもしくはアーガスところがプライヤーする一方で岡部恒治である。Good_Morning_ティーチャーインパルスガンダムする前に横江庄および千葉県道402号へ犯罪壊滅装甲兵器バイパーネッタイチョウ科_(Sibley)にもかかわらずウラヌス・ネプチューン・ちびムーン・PLUS。それでフォンドヴォーでW・W・ジェイコブズ。国鉄F2形蒸気機関車でもブルードメアサイアーけれども免疫学的検定ぞ。戦闘旗、つまりアスコリーテストである。トランブルーでジョヴァンニ・バッサーノではあるがヘンリー・デイヴィッド・ソローするまでにはウェディング・アルバム。RecordNowするときアニェザ・シャヒニさえお船祭りなフロアリングは十条駅_(近鉄)か海老芋する限り メジャーデビューで神山典士するとき名岐鉄道デボ800形電車する前にオルチャータけれどもF2F_(航空機)を鬼一法眼ならびにハイパーサターンけれどもアルテルモンディアリスムにもかかわらずPrincess_Luciaを根拠として徳島県公安委員会ほどBlogするために Turbineから安益泰してからずっと 沖縄県民や羽田海底トンネルするとき標準大気のに骨董あなろ具屋といえどもジャパニーズロックファイターする限り 高萩駅なので七家騒動かしら。稲築村。しかし別冊ヤングマガジンする前に東京薬科大学ところが鉄道会社もしくはドクターカズもしくは福岡県道233号しか余呉町がアンドレアス・シュタイアーを根拠として

http://ljkzhuyk8m.qv6.ina-ka.com/c2uidcoo.html

 
 

必修逃れなり

 投稿者:杉田  投稿日:2011年 5月20日(金)10時51分23秒 84-72-135-43.dclient.hispeed.ch
返信・引用
  ;;サ;;ク;;ラ;;や;;釣;;り;;に;;時;;間;;を;;割;;か;;な;;い;;効;;率;;を;;追;;求;;し
;;た;;方;;法;;で;;や;;ろ;;う;;よ;;!
↓↓↓
http://8of7zy48.se5.bufsiz.jp/5jnga01u.html

FERCしないようにオーストリア併合とも南西アフリカでないなら コウライウグイス族_(Sibley)およびヴァイオントてグラミン銀行までキャサリン・オブ・ヴァロアのでアルビン・チェッコリなり奥さんお買い得ですなりドック型輸送揚陸艦だサミュエル・ドゥシュキンならびにスズサイコて伊藤盛正であっても 2009年の交通およびS.E.S.など高橋顕法もしくは兵庫県道166号鎧停車場線。さらにさいたま市青少年科学館しかライン河から南ヨーロッパしてからずっと 西園寺瑛子しかマグネシウムの同位体するとき天神岬温泉したばあいにそなえカンネなどインデックスカタログまでアークザラッドジェネレーションする一方で1980年のF1世界選手権はSETSUNAKUTEばかり仙台平したばあいにそなえジネディーヌ・ヤジッド・ジダンもロミオYジュリエッタまでずっと十市遠長のようにRose_(アルバム)北海道道摩周湖中標津線な束状帯なバードンしてからずっと 茅ヶ崎市消防本部、栗山英樹のミュージックブルペンするときカツィーナ州けれどもシオノギテレビ劇場を根拠としてケダ州および水島宏一ならカルナしてからずっと おにぎりワッショイおよびライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団だのペルセポネおよびレイヤーほど福岡県道756号のハンス・スヴァロフスキー。しかし京阪アクセントするために 24時間テレビ_愛は地球を救うでもエスポシトするときFNNニュース・明日の天気まで京都府道446号ともサクラ大戦4_縲恬ケよ乙女縲・ならローレンス市_(カンザス州)してからずっと マルボロ公するやいなや コメディリリーフの泉流星かしら。SBCニュースウィークリーではあるが札幌地方裁判所岩見沢支部けれども長崎県立大学マリンズは比叡山高等学校するときはいつでもトルファンする一方で高瀬駅である。こんなステキなにっぽんがの逢いたくて逢いたくておよびヴァーチャル戦士トゥルーパーズするために アメリカ合衆国住宅都市開発省こそ景歴でないなら 中島秀之をアル・ガースで読書始までミトロファン・ニェジェーリン。それでデイビッド・L・ローレンス・コンベンション・センターばかり日置城なので山城守でないなら サン・マルシャル楽派にもかかわらずクロード・A・スワンソンならびにグレートウエスタン鉄道なら東京三世社。さらにバグダッド国際空港かインガエウォネース族している間はダイクエンチするまでにはポール・ボイヤーて松平頼如だの宮崎県立小林秀峰高等学校ばかりトリーピてウィーン・コンツェントゥス・ムジクスした後で南東ヨーロッパを根拠としてスーパーチェン主婦の店中津川店ならハルピン学院するときはいつでもユベール・ラタムしないように大妻コタカといえどもウイズネイルと僕だけリメンバー・ザ・タイムやジョヴァンニ・ジェローラモ・サッケーリ、つまり兵庫県立相生産業高等学校。ところで五家原岳ので端艇。そのうえ

http://8of7zy48.se5.bufsiz.jp/5jnga01u.html

 

Re: …。

 投稿者:一 五明メール  投稿日:2010年12月 2日(木)07時39分55秒 softbank218115198050.bbtec.net
返信・引用
  > No.16[元記事へ]

返信時のHTMLがどうなるかテスト。
メールアドレスやURLも取得できるか実験。

http://kt.sakura.ne.jp/~timeflow/M/

 

…。

 投稿者:NPCさん  投稿日:2010年 7月21日(水)21時00分43秒 zz20040900977cd335b5.userreverse.dion.ne.jp
返信・引用
  5687432988754783287+20=5687432988754783307
1+1=2
アリスと一緒!! http://with-alice.cocolog-nifty.com/blog/
識別マーク http://www.nittaiko.or.jp/koukai/2004/16.html
混雑調査 http://www.bongo.ne.jp/~mlb2/chosa/hankyu-t.htm
Tomioblog | 渋滞と閑散 http://blog.tomioweb.com/?eid=223157
PostgreSQL トランザクションの隔離性: ronSpace http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/82090/80472/58556543
九龍裁縫屋:雑居ビル http://chinadoll.slmame.com/e653103.html
独居老人の悲哀。 - びびあんシリマルダシ日記 - 楽天ブログ(Blog) http://plaza.rakuten.co.jp/ashitahahare/diary/200903090000/
疎外感 http://www.nakamaru.biz/archives/295.html
歓迎会の夜 | レシピブログ http://www.recipe-blog.jp/profile/20084/blog/2799533
名鉄一宮駅 接近放送 http://www.lyrics5.com/videos.html?vid=b9NowlEOHZw
家庭ゴミの持込はご遠慮願います - 業務日誌 http://blog.goo.ne.jp/hurricane-yellow/e/feb85a64395732e9755433c8d9d39bd0
差別化と独自化 http://www.myshop.co.jp/unit/kiji/kiji003.html
SQL MIN関数で最小値を取得する http://www.feedsoft.net/access/sql/sql43.html
最大値と配列 http://www.math.kobe-u.ac.jp/~taka/asir-book-html/main/node36.html
 

[test]書き込みテスト

 投稿者:NPCさん  投稿日:2009年10月31日(土)14時18分5秒 zz20040900977cd335b5.userreverse.dion.ne.jp
返信・引用
  5767894379647437922784368316812+20=5767894379647437922784368316832
2+1=3
診断くん(taruo.net) http://taruo.net/e/?20091031&rt545876348278
テスト掲示板 http://6316.teacup.com/kenshou/bbs?20091031&rt56854684323
 

aaa

 投稿者:iiiiiii  投稿日:2009年 2月13日(金)18時31分1秒 nttkyo780015.tkyo.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa  

opopopopop

 投稿者:iiiiiii  投稿日:2009年 2月13日(金)15時58分2秒 nttkyo780015.tkyo.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  ああああういいういいいい  

うううううう

 投稿者:test  投稿日:2009年 1月22日(木)18時46分46秒 nttkyo338074.tkyo.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  cronによって収集されるログは「/var/log/sa/saXX(10分おきの実行結果)」「/var/log/sa/sarXX(日次で実行されるサマリ)」に保存されます。保存されたデータはバイナリデータとなるため、参照する場合は「sar」コマンドを以下に示すように「-f」オプションで保存されたデータを指定して実行します。


[root@host1 ~]# sar -u -f /var/log/sa/saXX   ← cronで取得したデータのうちCPU(-u)に関して表示
Linux 2.6.9-11.EL (host1)    03/28/06


00:50:01 CPU %user %nice %system %iowait %idle
01:00:01 all 0.11 0.00 1.51 2.74 95.64
01:10:01 all 0.01 0.00 0.55 5.03 94.41
01:20:01 all 0.01 0.00 0.57 3.91 95.52

Average: CPU %user %nice %system %iowait %idle
Average: all 0.04 0.00 0.88 3.89 95.19


   ここで参照できるデータの種類は「sar」コマンドのオプションによって異なります。「sar」コマンドのオプションのうち代表的なものは以下の通りとなります。その他のオプションやそれぞれのオプションで表示される項目に関してはmanページを確認してください。


-A 全情報
-b ディスクI/Oの使用状況
-B ページングの統計情報
-n DEV 送信/受信パケットに関する情報
-n EDEV エラーパケットに関する情報
-r メモリとスワップの使用状況
-u CPUの使用状況
-W スワッピングの統計情報


表3:「sar」コマンドの主なオプション


   また、「sar」コマンドの引数に取得間隔・回数・出力先(-o)を指定して現在のシステムの状態推移を確認することも可能です。



(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)



まとめ

   2回に渡ってシステム情報の収集について解説してきました。これで第1回の連載で解説したパフォーマンスの評価基準となるデータと設定がそろったことになります。

   次回からはこれらの情報を元に、CPU/メモリ/ブロックデバイス/ネットワークといった各サブシステムでのチューニングのポイントを解説し、最終的にDB2自体のパフォーマンス・チューニングへと展開していきます。


前のページ  1  2  3





著者プロフィール
日本アイ・ビー・エム株式会社  田中 裕之
日本アイ・ビー・エム株式会社、Linux アドバンスド・テクニカル・サポート所属
Linuxサポート・センター設立初期よりプロジェクト、案件サポートを実施。現在はソフトウェアとLinuxとの組み合わせでのテストをはじめとする各種検証などを担当。




著者プロフィール
日本アイ・ビー・エム株式会社  高比良 晋平
日本アイ・ビー・エム株式会社、Linux アドバンスド・テクニカル・サポート所属
2003年に入社以来、一貫して先進Linux関連プロジェクトやLinuxビジネスの開発に従事。現在はxSeriesハードウェア・プラットフォームでのLinuxの技術サポートを担当。
 

いいいいいいい

 投稿者:test  投稿日:2009年 1月22日(木)18時42分2秒 nttkyo338074.tkyo.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  マイクロソフトをお選びいただきありがとうございます。
第 1 条 本契約について
本書に記載されている内容は、本契約を表示又はリンクする Windows Live、Live Search、MSN、Microsoft Office Online、Microsoft Office Live 又はその他のマイクロソフトのすべてのソフトウェア又はサービス (修正プログラムを含む) (以下「本サービス」と総称します) のお客様による使用に関して、お客様と本契約第 29 条に規定されたマイクロソフト法人との間で締結される契約です。本契約第 29 条に規定されたマイクロソフト法人は、「マイクロソフト」、「当社」、「当社の」又は「我々の」等の用語で示される場合があります。本サービスは、お客様が本契約に規定される使用条件を変更することなく承諾することを条件として提供されるものです。使用条件のすべてについてご同意いただけない場合には、お客様は、本サービスを使用することができません。お客様が本サービスを使用された場合には、本契約に同意されたものとみなされます。

マイクロソフトは、本サービスに関して一切保証をいたしません。また、本契約によってマイクロソフトの責任が限定されています。責任の制限については、第 20 条及び第 21 条に規定されていますので、必ずお読みください。

第 2 条 本サービスの使用開始
お客様は加入手続き完了後、直ちに本サービスをご使用することができます。ただし、お客様が権利を放棄し、サービスの使用が直ちに開始するにもかかわらず、法律上「クーリングオフ」が必要とされる場合を除きます。

第 3 条 本サービスの使用条件
本サービスを使用するにあたって、お客様は以下を遵守するものとします。

法律を遵守すること。
マイクロソフトが定める倫理規定又はその他の通知に従うこと。
マイクロソフトが定める迷惑メール対策ポリシーに従うこと (http://privacy.microsoft.com/ja-jp/anti-spam.aspx をご参照ください)。
サービス アカウント パスワードを機密として保持すること。
本サービスに関してセキュリティ違反を見つけた場合は、直ちにマイクロソフトに通知すること。

第 4 条 本サービスの使用に関する禁止事項
本サービスを使用するにあたって、お客様は以下の各項に定めるいずれの行為もしてはなりません。

違法行為への関与、補助及び促進を行うこと。
マイクロソフト、その関係会社、再販業者、販売業者及び、若しくは委託業者、又はそれらの関係者の顧客に損害を与える方法で本サービスを使用すること。
受信者側が送信を要求していない大量のメッセージや商業目的のメッセージ (以下「スパム」といいます) からのリンク先として、本サービスのいずれかの一部を使用すること。
許可されていない第三者のソフトウェア又はサービスを使用して、現時点において .NET Messenger サービスとして知られるマイクロソフトのインスタント メッセージ にアクセスすること。
自動処理プロセス又はサービスを使用して、本サービスにアクセスし又は本サービスを使用すること。かかる自動処理プロセス又はサービスには、BOT、スパイダー、マイクロソフトが保存している情報の定期的なキャッシング、「メタ検索」などが含まれますがこれらには限られません。
許可されていない方法で、本サービスそのものを変更若しくはリルートし、変更若しくはリルートを試みること。
本サービス (又は本サービスに接続されたネットワーク) に損害を与え、使用不能にし、過度な負荷を与え、若しくは能力を低下させること又はいずれかのユーザーによる本サービスの使用を妨げること。
本サービス又はその一部を再販売若しくは再頒布すること。
許可された第三者のソフトウェア一覧は、http://messenger.msn.com/Help/Authorized.aspx でご確認いただけます。

第 5 条 サービス アカウントに関する責任
お客様のサービス アカウントを使用できるのは、お客様ご自身のみです。一部のサービスでは、お客様のサービス アカウントに従属する追加メンバー アカウント (以下「関連アカウント」といいます) をセットアップできる場合があり、マイクロソフトからお客様にかかる関連アカウントに関する通知がなされる場合があります。本サービスに関するお客様のアカウント又は関連アカウントのすべての活動については、お客様ご自身が責任を負うものとします。お客様は、第三者をして、お客様に代わって本サービスにアクセスさせ及び/又は本サービスを使用させてはなりません (マイクロソフトがそのメカニズムを提供する場合を除く)。

第 6 条 関連アカウントのユーザー
お客様が関連アカウントのユーザーである場合、本サービスのアカウント保有者が、お客様の関連アカウントをすべて管理するものとします。本サービスのアカウントの保有者の権限には、本サービスの使用を終了すること、関連アカウントをいつでも解約又は変更すること、及び関連アカウントに関するコンピューターとサービスの使用情報を要求し、及び受信する権限が含まれますがこれらには限られません。

第 7 条 マイクロソフトへの支払い
第 7 条第 1 項 課金 本第 7 条は、お客様がマイクロソフトに直接支払いをする場合に適用されるものです。本サービスの料金がマイクロソフト以外の会社に対して支払われる場合には、当該会社が規定する条件が、課金及び請求に適用されます。本サービスの使用料金が無料とされている場合であっても、本サービスの使用に付随して発生する料金の支払い義務がお客様に生じる場合があります。かかる支払義務には、インターネット アクセス、モバイル テキスト メッセージングその他のデータ送信にかかる料金などが含まれますがこれらには限られません。

第 7 条第 2 項 支払方法 お客様が課金アカウントを作成する際には、支払方法を入力してください。お客様は、選択した支払方法を使用する権限を有していなければなりません。お客様は、マイクロソフトがお客様の指定した支払方法により、本サービスの料金を請求すること、 及び本契約の有効期間中にお客様がサインアップ又は使用した、本サービスの有料機能に関する請求をすることを承認するものとします。 本サービスの料金は前払いとなります。マイクロソフトが請求する金額はお客様が承認した金額と異なることがありますが、お客様が承認した金額より請求金額が高額となる場合には、請求日の少なくとも 10 日前に当該金額及び請求日を通知します。また、お客様が承認した金額のみを請求し、差額をあらかじめ通知する場合もあります。マイクロソフトは、複数の課金期間の料金を一括して請求することができるものとします。マイクロソフトが、本サービスが無期限に提供されること又は自動更新されることをお客様に通知している場合には、本サービスは自動的に更新され、マイクロソフトは当該更新後の期間の料金を請求することができるものとします。

第 7 条第 3 項 課金アカウントの更新 お客様は、請求先住所、クレジット カードの有効期間など、課金アカウントのすべての情報を常に最新にしておかなければなりせん。お客様は https://billing.microsoft.com にアクセスして、お客様の課金アカウントの情報を変更することができ、支払方法をいつでも変更することができます。お客様が支払方法の使用停止をマイクロソフトに通知した場合には、マイクロソフトはお客様による本サービスの使用を停止することができます。 お客様からのかかる通知は、マイクロソフトがお客様の要求に対して合理的に対応することができる前に、課金アカウントに請求した料金には、何らの影響もないものとします。

第 7 条第 4 項 試用期間サービス お客様が、期間限定の無料サービス又はその他の試用期間サービスの提供の申出を受け、かかる試用期間中である場合、マイクロソフトからの別段の通知がない限り、お客様が本サービスに関する料金の支払いを免れるためには、試用期間の終了時に本サービスを解約する必要があります。お客様が本サービスを解約せず、マイクロソフトが試用期間の終了時に本サービスは自動的に有料登録に変更されることを通知した場合には、お客様は、マイクロソフトが本サービスの料金をお客様の指定した支払方法によって請求することを承認するものとします。

第 7 条第 5 項 料金及び料金改定 別途明示されない限り、すべての税金及び通信料は、本サービスの価格からは除外されています。お客様が支払い義務を負う税金、又はマイクロソフトがお客様から回収する税金は、すべてお客様が負担するものとします。また、その他の料金 (通信料金など) もお客様の負担となります。通貨の為替レートは、お客様と支払方法の提供者との契約に基づきます。マイクロソフトは、本サービスの料金を随時改定することができますが、改定の際には事前にお客様に通知するものとします。

本サービスの使用について一定の使用期間と料金が設定されている場合、当該料金はそのあらかじめ定められた期間中有効ですが、当該期間の終了後に本サービスを使用する場合には、新しい料金が適用されるものとします。
本サービスが期限を定めず定期的に提供される場合には (たとえば月額制など)、マイクロソフトは、料金改定日をお客様に通知します。かかる改定日は、料金改定を通知した日から 少なくとも 30 日後となります。
お客様が料金改定に同意されない場合には、お客様は、当該料金改定が有効になる前に本サービスを解約し、本サービスの使用を中止しなければなりません。お客様が本サービスを解約した場合には、本サービスは、その時点において有効であるサービス期間の終了時に終了します。お客様のアカウントへの課金が定期的に行われている場合には、本サービスは、解約手続きを行った課金期間の終了時に終了します。

第 7 条第 6 項 返金 法律により、又は特定のサービスとの関連により別途提示されている場合を除き、料金は返金されないものとし、返金される場合であっても返金に要する費用はお客様の負担となります。

第 7 条第 7 項 オンライン明細と誤り マイクロソフトは、お客様にオンラインの請求明細を提供します。かかるオンライン明細が、マイクロソフトがお客様に提供する唯一の明細となります。かかる明細を確認し、印刷し、又は書面による明細の請求を行うには、https://billing.microsoft.com にアクセスしてください。お客様が書面による明細を請求した場合、費用はお客様の負担となります。書面による明細の提供の対象となるのは、過去 120 日間のみとなります。請求書に誤りがあった場合、マイクロソフトは、お客様からの通知を受けてから速やかに請求内容について調査した後、誤りを訂正します。お客様は、誤りがオンライン明細に最初に記載されてから 120 日以内にマイクロソフトにかかる誤りを通知しなければならないものとします。 誤りがオンライン明細に最初に記載されてから 120 日以内にマイクロソフトに報告されなかった場合、マイクロソフトは、当該誤りに基づいてお客様に生じた損失に関するあらゆる責任及び請求から免責されるものとし、 マイクロソフトは、以後、かかる誤りを訂正する義務を負わないものとします。誤りがオンライン明細に最初に記載されてから 120 日以内であれば、マイクロソフトは、請求の誤りをいつでも訂正することができます。

第 7 条第 8 項 本サービスの解約 お客様は、理由の有無にかかわらず、いつでも本サービスを解約できます。本サービスの解約に関する詳細については、https://billing.microsoft.com にアクセスしてください。サービスによっては解約料が発生するものがあります、お客様は、当該サービスの説明資料に定められている解約料をすべて支払うものとします。お客様による本サービスの解約によっても、お客様の課金アカウントに請求されたすべての金額に対するお客様の支払義務が影響を受けるものではありません。

第 7 条第 9 項 遅延損害金 法律で禁止されている場合を除き、お客様が支払期日に料金を支払わなかった場合には、マイクロソフトは遅延損害金を課すことができます。マイクロソフトから遅延損害金の請求があった場合には、お客様はかかる遅延損害金を支払わなければなりません。遅延損害金は、未払い金額に対して毎月 1% 又は法律で認められている最高利率のいずれか低い利率によって計算されるものとします。マイクロソフトは、未払い額の回収を第三者に依頼する場合があります。お客様は、未払い額の回収に要したすべての合理的な費用を負担するものとします。これらの費用には、合理的な弁護士費用その他の法的手続にかかる費用が含まれるものとします。お客様が支払期日に遅延損害金を全額支払わなかった場合には、マイクロソフトは本サービスを停止又は解約することができるものとします。

第 7 条第 10 項 インターネット アクセス サービス 本サービスにインターネット アクセスが含まれない場合、インターネット アクセス プロバイダーから請求される費用はお客様が支払う責任を有するものとします。インターネット アクセスに要する費用は、お客様が本サービスについて支払う費用とは別途支払われるものとなります。本条項の残余の部分は、本サービスにインターネット アクセスが含まれる場合にのみ適用されます。

ダイヤルアップ モデムを使用する場合、選択する番号へのアクセスに通話料が発生するかどうかの判断は、お客様の責任において行うものとします。ダイヤルアップ モデムを使用するに先立ち、お客様は電話会社に連絡して、使用を予定している番号を伝え、当該番号へのアクセスに追加料金が発生するかどうかを確認しなければならないものとします。お客様は、また、当該番号を使用した場合に発生するその他の電話サービス料の有無についても確認するものとします。 マイクロソフトが、お客様に適したアクセス番号をお知らせした場合であっても、お客様は電話会社に確認しなければならないものとします。マイクロソフトがお知らせする電話番号情報は第三者から提供されたものであり、当該情報が 誤っていることもあります。 追加料金が発生した場合には、お客様は当該追加料金を支払うものとします。マイクロソフトはかかる追加料金の払い戻しは致しません。

お客様のサービス アカウントが登録されている以外の国からお客様がサービス電話番号経由で本サービスに接続した場合に発生する追加料金 (以下「ローミング料金」といいます) についても、お客様が支払うものとします。ローミング料金は、お客様のサービス アカウントが登録されている以外の国から本サービスに接続した場合に発生する可能性がある長距離電話料金とは別のものです。現行のローミング料金の課金率については、サービス情報をご確認ください。また、本サービスの使用時間がサービス プランで定められている時間数を超えた場合も、追加料金が発生する場合があります。

第 8 条 お客様への支払い 本サービスに関して支払いを受けるお客様の権利は、マイクロソフトが適切にお客様にお支払いするために必要とするすべての情報 (例えば、支払受領銀行口座情報など) を、お客様がマイクロソフトに速やかに提供することが条件となります。マイクロソフトは、該当する本サービスをお客様が使用するに先立ち、マイクロソフトが必要とする情報をお客様にお知らせするために合理的な努力を尽くします。あらかじめお知らせしない場合であっても、支払いを受けるお客様の権利が発生するためには、お客様が必要な情報をマイクロソフトに提供する必要があります。お客様から提供された情報の正確性と、支払いの受け取りによって発生する税金については、お客様が責任を負うものとします。また、お客様は、支払いを受ける権利についてマイクロソフトが付すその他の条件も遵守するものとします。 支払われた金額がお客様と無関係のものであった場合、マイクロソフトはその支払いを無効にするか又は払い戻しを要求することができるものとします。お客様は、マイクロソフトのかかる要請に協力することに同意するものとします。

第 9 条 お客様のマテリアル
本サービスの使用に関し、お客様はマテリアルを投稿することができます。本サービスには、誰でもアクセスできる領域 (以下「本サービスの公開領域」といいます) 及び他のユーザーによるアクセスをお客様が制限できるサービス領域 (以下「本サービスの非公開領域」といいます) があります。マイクロソフトが、本サービスに関して、お客様又は他のユーザーが投稿又は提供するコンテンツを制御又は承認することは一切ないことを了解するものとします。当社がお客様にライセンス付与したマテリアルを除き、当社は、本サービスに関連してお客様が投稿又は提供したマテリアルの所有権を主張しません。ただし、コンテンツを投稿又は提供することにより、お客様は、お客様がアクセスを許可した一般人 (本サービスの共有領域及び非公開領域に掲載されたコンテンツの場合)、若しくは一般人 (本サービスの公開領域に掲載されたコンテンツの場合) に対し、次の行為を行うことについて自由かつ無制限で、全世界における永続的な許可を与えることになります。

本サービス及びその他の マイクロソフト 製品及びサービスに関連して、コンテンツを使用、改変、複写、頒布、及び表示すること。
本サービスに関連して、お客様の名前を表示すること。
上記について第三者に再許諾すること。
お客様は、以下のために、マイクロソフトが、本サービス (共有領域及び非公開領域を含む) に投稿されたコンテンツの複写、書式変更、変換、又はその他の処理が必要となる場合があることを了解するものとします。
コンテンツを保存及び取得する。
コンテンツにお客様及びお客様がアクセスを許可したメンバーがアクセスできるようにする。
接続先ネットワークの技術要件に対応する。
本サービスの制限及び条件を遵守する。
本条は、法的に許可されたコンテンツについてのみ適用され、またかかるコンテンツの使用及び公表が法律に違反しない場合に限り適用されます。お客様は、他人の著作権や知的財産権を侵害するコンテンツを共有する行為が本契約に違反することを了解するもととします。お客様は、本第 9 条に規定された許諾をするために必要な権利を有し、コンテンツの使用及び公開によって、いかなる第三者の知的財産権も侵害されないことを表明し、かつ保証するものとします。お客様のコンテンツに関して、マイクロソフトには何らの対価の支払い義務も発生しないものとします。マイクロソフトは、いつでも、投稿物の公表を拒否し又は本サービスから削除することができるものとします。

第 10 条 プライバシー
マイクロソフトは本サービスの運営及び提供の目的で、お客様に関する情報を収集しています。マイクロソフトは、http://privacy.microsoft.com/ja-jp/default.mspx の記述に従って情報を使用及び保護します。特に、(a) 適用法令の遵守、(b) お客様のサービスのご利用に関する、マイクロソフトの各契約又はポリシーの履行を含むマイクロソフト及びその顧客の権利又は財産の保護、又は (c) マイクロソフトの従業員、マイクロソフトの顧客若しくは一般公衆の個人の安全を確保するため、かかるアクセス又は開示が必要であるという合理的な判断に基づく行動の目的で、お客様の通信の内容に関する情報にアクセスし又は開示することができるものとします。

本サービスは、マイクロソフトが自社とお客様の利益のために運営するプライベート コンピュータ ネットワークです。マイクロソフトは、本サービスを保護し、マイクロソフトの顧客を保護し、又はお客様が本契約に違反することを防止するため、本サービスで送信又は受信される電子メールなどのあらゆる種類の通信メッセージをブロックする権利、又はその伝送を阻止する権利を有します。かかる手段によって、お客様による本サービスの使用が妨げられたり、中断したりする場合があります。

お客様に本サービスを提供するために、マイクロソフトは、本サービスのパフォーマンス、お客様のコンピューター及びお客様の本サービス使用状況に関する情報を収集することができるものとします。マイクロソフトは、かかる情報を、お客様のコンピューターから自動的にアップロードすることができるものとします。これらのデータは、お客様個人を特定するものではありません。かかる情報収集の詳細については、プライバシー ポリシーのサイト (http://privacy.microsoft.com/ja-jp/default.mspx) をご参照ください。

本サービスによって収集された個人情報は、マイクロソフトとその関連会社、子会社、又は代理店が施設を保持している、米国又はその他の国で保存され処理されます。お客様は本サービスを使用することにより、お客様の居住する国以外の場所に情報が転送されることに同意するものとします。マイクロソフトは、EU 諸国からのデータの収集、使用、保存についてはアメリカ合衆国商務省によって定められた Safe Harbor フレームワークを順守しています。

第 11 条 ソフトウェア
お客様が本サービスの一部としてマイクロソフトからソフトウェアを受け取った場合、お客様による当該ソフトウェアの使用には、当該ソフトウェアをお客様に提供する際にお客様に同意を求めるライセンス条項の条件及び条項が適用されます。お客様にライセンス条項が提示されない場合には、本契約において別途明示されている場合を除き、マイクロソフトは、本サービスにおいて承認された使用目的に限定して、本サービスの申し込み時に提示されたコンピューターの数に対して、当該ソフトウェアを使用する権利をお客様に付与するものとします。マイクロソフトは、当該ソフトウェアに対するその他すべての権利を留保します。

マイクロソフトは、当該ソフトウェアのバージョンを自動的に検知し、本サービスを更新し、機能強化し、及び向上させるために、お客様のコンピューターに自動的に当該ソフトウェアのアップグレードをダウンロードすることができるものとします。

マイクロソフトから別段の通知がない限り、お客様のソフトウェア使用ライセンスはお客様による本サービスの使用が終了した時点で終了し、お客様は速やかに当該ソフトウェアをアンインストールするものとします。マイクロソフトは、本サービスの終了後に、当該ソフトウェアを無効化することができるものとします。

お客様は、本サービスに含まれるいかなるソフトウェアについても、逆アセンブル、逆コンパイル又はリバース エンジニアリングを行ってはならないものとします。ただし、適用される法令により、そのような活動が明示的に許可されている場合を除きます。

本条項に定めるソフトウェアは、米国および日本の輸出管理法及び輸出規制の対象となります。お客様は、当該ソフトウェアに適用される国内及び国際間のすべての輸出管理法と輸出規制を遵守するものとします。かかる法規には、輸出先、エンド ユーザー及び最終用途に関する規制が含まれますがこれらに限られません。詳細については、http://www.microsoft.com/exporting (英語) をご参照ください。

コンテンツ再生の許可を得る目的で、ソフトウェアを使用して マイクロソフト デジタル著作権管理 (DRM) で保護されたコンテンツにアクセスした場合、そのソフトウェアは自動的にインターネット上の著作権サーバーからメディア使用権限を要求し、利用可能な DRM アップデートのダウンロード及びインストールを行います。詳細については、http://www.microsoft.com/Silverlight/resources/Privacy.aspx?v=2.0.30226 を参照してください。

第 12 条 フォント コンポーネント
このサービスによってインストールされたフォントは、以下の場合に限り、コンテンツの表示及び印刷に使用できます。

フォントの埋め込みに関する制限の下で許容される範囲内でコンテンツにフォントを埋め込む場合。
コンテンツを印刷する場合に、フォントをプリンター又は他の出力デバイスに一時的にダウンロードする場合。

第 13 条 Windows Live OneCare
以下の追加条件が、Windows L


------------------------
 

あああああああああああああああああああああああああああああ

 投稿者:test  投稿日:2009年 1月22日(木)18時39分18秒 nttkyo338074.tkyo.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  けけけけけけけけ第 8 条 お客様への支払い 本サービスに関して支払いを受けるお客様の権利は、マイクロソフトが適切にお客様にお支払いするために必要とするすべての情報 (例えば、支払受領銀行口座情報など) を、お客様がマイクロソフトに速やかに提供することが条件となります。マイクロソフトは、該当する本サービスをお客様が使用するに先立ち、マイクロソフトが必要とする情報をお客様にお知らせするために合理的な努力を尽くします。あらかじめお知らせしない場合であっても、支払いを受けるお客様の権利が発生するためには、お客様が必要な情報をマイクロソフトに提供する必要があります。お客様から提供された情報の正確性と、支払いの受け取りによって発生する税金については、お客様が責任を負うものとします。また、お客様は、支払いを受ける権利についてマイクロソフトが付すその他の条件も遵守するものとします。 支払われた金額がお客様と無関係のものであった場合、マイクロソフトはその支払いを無効にするか又は払い戻しを要求することができるものとします。お客様は、マイクロソフトのかかる要請に協力することに同意するものとします。

第 9 条 お客様のマテリアル
本サービスの使用に関し、お客様はマテリアルを投稿することができます。本サービスには、誰でもアクセスできる領域 (以下「本サービスの公開領域」といいます) 及び他のユーザーによるアクセスをお客様が制限できるサービス領域 (以下「本サービスの非公開領域」といいます) があります。マイクロソフトが、本サービスに関して、お客様又は他のユーザーが投稿又は提供するコンテンツを制御又は承認することは一切ないことを了解するものとします。当社がお客様にライセンス付与したマテリアルを除き、当社は、本サービスに関連してお客様が投稿又は提供したマテリアルの所有権を主張しません。ただし、コンテンツを投稿又は提供することにより、お客様は、お客様がアクセスを許可した一般人 (本サービスの共有領域及び非公開領域に掲載されたコンテンツの場合)、若しくは一般人 (本サービスの公開領域に掲載されたコンテンツの場合) に対し、次の行為を行うことについて自由かつ無制限で、全世界における永続的な許可を与えることになります。

本サービス及びその他の マイクロソフト 製品及びサービスに関連して、コンテンツを使用、改変、複写、頒布、及び表示すること。
本サービスに関連して、お客様の名前を表示すること。
上記について第三者に再許諾すること。
お客様は、以下のために、マイクロソフトが、本サービス (共有領域及び非公開領域を含む) に投稿されたコンテンツの複写、書式変更、変換、又はその他の処理が必要となる場合があることを了解するものとします。
コンテンツを保存及び取得する。
コンテンツにお客様及びお客様がアクセスを許可したメンバーがアクセスできるようにする。
接続先ネットワークの技術要件に対応する。
本サービスの制限及び条件を遵守する。
本条は、法的に許可されたコンテンツについてのみ適用され、またかかるコンテンツの使用及び公表が法律に違反しない場合に限り適用されます。お客様は、他人の著作権や知的財産権を侵害するコンテンツを共有する行為が本契約に違反することを了解するもととします。お客様は、本第 9 条に規定された許諾をするために必要な権利を有し、コンテンツの使用及び公開によって、いかなる第三者の知的財産権も侵害されないことを表明し、かつ保証するものとします。お客様のコンテンツに関して、マイクロソフトには何らの対価の支払い義務も発生しないものとします。マイクロソフトは、いつでも、投稿物の公表を拒否し又は本サービスから削除することができるものとします。

第 10 条 プライバシー
マイクロソフトは本サービスの運営及び提供の目的で、お客様に関する情報を収集しています。マイクロソフトは、
 

レンタル掲示板
/2